概要

グループホームあんずの里は、認知症によりご自宅での生活に不安がある方のための施設です。食事の支度やお掃除・洗濯など、日々の暮らしを共に行うことで、認知症の方が、混乱なく普通の生活を送れることを目指します。グループホーム(認知症対応型共同生活介護)のサービス提供を、定員として36名(北館:9室×2ユニット、南館:9室×2ユニット)が利用できます。全室ユニット型個室で、快適な生活をサポートいたします。

外部評価の受審について

地域密着型サービス事業所のうち認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)については、少なくとも年に1回は自ら提供する介護サービスの質の評価(自己評価)を実施し、定期的に外部の者(都道府県が選定した評価機関)による評価(外部評価)を受け、それらの結果等を公表することが義務付けられています。(京都府のホームページから引用)
あんずの里の外部評価の結果については、WAM net(独立行政法人福祉医療機構)のホームページに掲載されています。

※外部評価結果(WAM netホームページ)


あんずの里 受審証明書

あんずの里・南館 受審証明書



 |  トップページ  |  施設の紹介  |  1日の流れ  |  採用情報  |  先輩職員インタビュー  |  事業所内保育所まぁちゃん  |  アクセスマップ  | 
 |  広報誌 和  |  献立表  |  認知症あんしんサポート窓口  |  きょうと福祉人材育成認証制度  |  たんとおあがり京都府産  |